子供の歯磨きは苦労がいっぱい

MENU

歯磨きで暴れる子供のブラッシング方法

仕上げ磨きをしようとすると、いつも暴れまくる子供。

 

以前の歯磨きは、子供に歯ブラシを持たせ、ちゅぱちゅぱ吸って咥えて+1周歯ブラシを当てる程度の仕上げ磨き

 

で終わっていました。

 

それなのに、初めての歯科検診で「キレイに磨けてますね。とてもお上手です!」と褒められ、やる気に!!

 

ブラッシングの仕方や、暴れるときには子供の頭を股で挟み、手は足で上からおさえるようにすると上手く磨けるよ、と教えてもらい、実践しています。

 

毎日仕上げ磨きになると泣いて暴れる子供を、虫歯にならないために!と心を鬼にしておさえこみ、歯磨きをしています。

 

最近飴を食べるようになったので、今までよりもしっかりと磨かなければいけないなと思っています。

歯が生えてからは悪戦苦闘中

子供が生まれて、お父さんの育児参加は徐々に増えてきますね。

 

お風呂や歯磨きは、父親の私が担当しています。

 

年齢と共に、私の歯磨きに対する考え方が変わってきました。

 

当初は、ジェルタイプで簡単に仕上げて終了でした…。

 

しかし、歯医者さんで定期健診をしていると磨き残しが判明しました。

 

慌てて、2回磨く事となりました。

 

一度目は、食べかすが無いかしっかり確認!

 

そして、歯磨き粉で丁寧に磨きます。

 

うがいが出来ていなかったので、ゴロゴロも練習していますね…。

 

2回目は、ジェルで菌の繁殖抑制です。

 

気が付いたのですが、やっぱりうがいが非常に大事だと感じてます。

 

丁寧に磨けても、泡が残っていたら意味が無いですね…。

 

とにかく、風邪予防にもなるうがいを特訓中です!

 

磨き残しに注意して正しく歯を磨こう

毎日歯磨きをきっちりしているのにお子さんの虫歯が一向に減らない、このような悩みを抱えている世のお母さん方は多いと思います。実は毎日歯磨きをしても、磨き方が悪くては虫歯対策にはなりません。正しい方法で正しく歯を磨かなければ虫歯を予防することができないのです。

 

虫歯は歯と歯の間に残された食べ物などの歯垢が原因で起こるとも考えられています。この歯垢を綺麗に取り除くことができれば、虫歯を発症する確率を大きく減らせるのです。

 

まず、インターネット等で正しい歯の磨き方を調べて、親子で実践することから始めてみると良いでしょう。